HOME > 美肌の秘密教えます > 洗顔方法について。

美肌の秘密教えます

< 紫外線対策まとめ。  |  一覧へ戻る  |  ボディにも保湿を☆ >

洗顔方法について。

今回は美肌の為の洗顔についてお話いたします。


皆様は洗顔をする時の泡はどうされていますか?
洗顔フォームを手で泡立てていませんか?

...是非泡立てネットをご活用ください。

良質な泡で洗う事が美肌に繋がります。
洗顔フォームをちゃんとした量・硬さで泡立てないとせっかくいいものを使っていてもお顔の汚れは落ち切りません。
落ち切らなかった汚れは、毛穴で繁殖しニキビが出来るのです。
この毛穴の中で繁殖する菌をアクネ菌と言い、お顔に常にあるものでお肌を正常に保つ働きがあります。
ですが毛穴の中で繁殖すると悪さをする菌でもあります。

意識してみて下さいね。


まずは泡を立てます。
洗顔に必要な泡はリンゴ1個分でそれを下向けても落ちない硬さです。
その条件が満たされていると、顔全体を覆い写真を撮っても落ちて来ません。

このまま洗顔に入ります。
この時も力を入れ過ぎるとお肌にストレスになり、赤み・痛み・シワ等に繋がります。
優しく毛穴の汚れをすべて落とすつもりで時間を掛けて、くるくる回すように洗顔して下さい。
言葉だけだと分かりにくいと思いので是非お問い合わせください。

泡を流す時の水温も気を付けて下さい。
基本的には30℃台(肌質によって異なります)のぬるま湯で流してください。
これは個人差があるので是非お問い合わせください。
熱いお湯で洗い流すと美肌に必要な水分・油分まで流してしまうので、オイリー肌や乾燥肌の原因になります。
フェイスライン・髪の生え際等は洗い残しの特に多い場所です。
そして忘れがちなのが手の泡を流さずにすすぎを始めることです。
手に残った泡を先に流さないと何回すすいでも泡は落ちません。
必要以上に時間と手間がかかり、結果的に肌荒れの原因になります。

そして最後にお肌を拭くタオルです。
こちらも力を入れ過ぎないように気を付けて下さい。
せっかくここまで順調に来てもここでゴシゴシしてしまったら台無しです。
使うタオルにもこだわってください。
水を吸収...し過ぎない、ほどよい物を使ってください。

もちろんゴワゴワ・カピカピはお肌をとても痛めますので使用を避けて下さい。


ここまで書きましたが結局正しい洗顔をしていないと色々な肌トラブルに繋がるのです。
美肌の為にはまず洗顔です。
自分の為に愛情掛けて優しく洗顔しましょう。
自分のお肌を愛してあげられるのは自分だけです。
誰も守ってはくれません。
掛けた時間と手間の分だけお肌は応えてくれます。


当サロンにお越しのお客様からよくいただくご質問で
どうしたらサロンの様に泡を立てられるか
と言うものがあります。

これはもちろん泡を作るのには練習が必要です。
当店のエステティシャンの技術でもあります。
それともう一つ、この技術の手助けとして特別な泡立てネットがあります。

こちらのネットになります。忙しい時の時短にも役立ちます。
こちらは販売している商品ですので興味のある方は是非お問い合わせください。

このネット(ボディタオルも同様)ですが、最低でも半年に1回サイクルで交換して下さい。
長期間の使用でこちらもアクネ菌が繁殖し、せっかくのいい泡もアクネ菌だらけになります。

アクネ菌だらけの泡で洗顔したら...もちろん結果は見えていますね。


美肌の為にはまず洗顔です。
ここがしっかりしていないと、せっかくのいいお化粧品も効果は発揮しません。
正しい洗顔をしているつもりでも、徐々に癖が出てきて自己流になり、洗顔をしたつもりになってきます。
ですので洗顔を熟知されている方でも、定期的に見直すことが大切です。
また今まで正しい洗顔を意識してこなかった方はこの機会に、泡の力を信じて下さい。


< 紫外線対策まとめ。  |  一覧へ戻る  |  ボディにも保湿を☆ >

このページのトップへ